スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
終わりがないのが、おもしろい。
漢方や鍼灸を勉強していると、新しい発見が常にあります。新しい発見を試してみて、さらに新しい発見がある。勉学には終わりはありません。終わりがないのは、大変なような感じですが、それがおもしろくもあります。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/31 09:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
可部駅から当院までのシャトル便の運行時間について
広島・安佐北区の可部駅を10:45に出発し、11:15に当院前(八千代)へ到着となります。
八千代を13:45に出発し、14:15に可部駅到着となっています。
大型の乗用車で“メリィハウス・八千代病院”と塗装が施してありますので、すぐお分かりになると思います。
ぜひご利用ください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/29 13:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
通院希望をお持ちで、広島方面の方に朗報です!
広島市内から来られる方で、かつ車を持っておられないために当院になかなか来られなかったという方に朗報です。
広島市安佐北区の可部駅から当院までの送迎が実現しました!
具体的な時間については、完全に決まっていないので、ここに提示できませんが、後日、詳細な時間と場所についてお知らせさせていただきます。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/28 13:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方の名前を標榜することができるようになっています!
病医院にて、漢方の名前を標榜することができるようになっていますね。「漢方内科」としてですけど。
漢方は内科だけではなく、皮膚科や麻酔科などオールラウンドに診れなくてはダメなので、本当のところを言えば、この標榜科目はどうかと思いますが、なにはともあれ、“漢方”の文字を看板に堂々と挙げられるようになったことは評価に値します。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/25 13:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は少し寝不足です。
今日は、朝4時に起きてしまったので、少々寝不足です。というのも、夢の中で大笑いしてしまい、あまりにもおかしくて、実際に大笑いしてしまって目が覚めてしまいました。
その内容は、現実の目から見ると全然面白くないものです。
脳科学者の茂木健一郎さんが夢に出てきて、「面白い話をします」と言いながら、ローマ帝国の歴代皇帝の名前をただ言うだけ。こうやって文章にしてしまうとまったく面白くありませんが、夢の中で、ぜんぜん面白くないことをただひたすらやっている茂木さんを見て、おかしくなって大笑いしてしまったということでした。ちゃんちゃん。

テーマ:ぃえ-ヽ(*´▽`*)ノ-いv - ジャンル:ブログ

【2008/07/24 13:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハイブリッド医療について
ハイブリッド車の話題が出たので、医療のハイブリッドについて述べたいと思います。
ハート出版というところだったと思いますが、「ハイブリッド医療」のことが書かれた本が出ていました。
興味があったので買って読みましたが、西洋医学と東洋医学をうまく併用していくというのが主旨でした。
昔、統合医療を目指したこともありました。ただ、統合しようと頑張れば頑張るほど、無理だということがわかってきて、最近では統合医療という言い方はよくないなと感じています。
例えば、東洋医学と西洋医学を統合するとなれば、西洋医学的な見方で東洋医学を考えるということになってしまいます。
すると、その東洋医学は、その時点で西洋医学的な東洋医学になってしまい、真の東洋医学から離れていってしまいます(統合医療という形にこだわるのなら、それでもいいと思います)。あくまで併用という形にならざるを得ません。
また、東洋医学の中の漢方と鍼灸も、重なる部分はありますが、やはり別物であって、共通の土台ですべて語ってしまおうとすると、ひずみが出てしまいます。
以前は、生薬の帰経と鍼灸の経絡が一致しないとダメというように、「こうだ!」と枠をはめることになってしまい、窮屈な医療をしていたこともありました。今ではいい思い出ですが・・・。自由な発想をすることがとても大事です。
ハイブリッド医療は、ある意味、無理な統合をしないで「いいとこ取り」なので、逆にそのほうが自然で、それぞれの個性を生かせるため、よい呼び名かもしれません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/23 13:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハイブリッド車の燃費について
現在、エスティマのハイブリッドに乗っています。4年前に購入した一世代前(モデルチェンジする前)のやつで4WDということもあって、今の車の燃費はどうかわかりませんが、燃費はだいたい14km/Lです。普通のエスティマがおよそ7~8km/Lと友人は言っていたので、そう考えると同じガソリンの量で倍は走れることになり、これでもずいぶんいいことかもしれません。
エスティマは車体が重いので、プリウスのような車だともっともっと燃費はいいと思いますが。
あくまでこれは努力した状態での燃費で、14km/Lを維持するには、結構運転を丁寧にする、アクセルをできるだけふかさないといった涙ぐましい?努力をしています。もっといい燃費で走っておられる方もいるかもしれませんが、かなり気を使って走っておられる証で、そのような方は賞賛に値します。
もし、今、ハイブリッド車を買おうと思っている人は、市街地を中心にハイブリッド車で走るとなかなか燃費は向上しないことだけは知っておいて下さい。信号で頻繁に止まっては、その都度、アクセルを踏む状況になるからです。
ただ、田舎で信号はあまりない場所を走る、あるいは高速をよく走る場合は、ハイブリッド車はその威力を十分にはっきしてくれるでしょうから、トータルすればハイブリッド車は経費をかなり節約することができるでしょう。

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

【2008/07/22 13:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早く治すことの弊害
私のポリシーとして、早く苦しみから解放してあげたいというのがあります。そのため、できるだけ早く結果を出すようにしているのですが、逆にそうすると患者数がたまって来ないので売り上げがなかなか上がらないという相反する状態になってしまうという状況です。
場所がよくて新患もひっきりなしだとそうでもないのかもしれませんが・・・。
当院は目立つところに看板があるわけでもなく、よくなった患者さんからの口コミのみで成り立っています。
患者さんが治っていくスピード以上に新しい患者さんに来院していただかないと患者さんが減ってしまうという事態になるのが経営の難しいところです。
ただ、なんとか右肩上がりをキープしているのが救いですか・・・。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/18 14:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イルチムについて
広島で漢方専門でご開業されておられる室本先生の勉強会に月1回参加させていただいていますが、鳥取から漢方と鍼灸をされているDrが来られていました。
鍼灸は韓国の鍼灸一派・イルチムの治療法も取り入れておられるとのことでした。
イルチムの金会長と何回かお会いしたことがありますが、鍼の効果はなかなか素晴らしいものがあります。
イルチムのことはすっかり忘れていましたが、その先生のおかげで記憶がよみがえってきました。
2年ぐらい前には、イルチムの手技をしっかりと学べるという機会もあったのですが(一時期、韓国語まで勉強しないといけない状況でした)、とある理由でイルチムと一線を画すことになり、今ではまったく交流が途絶えてしまいました。その当時は、期待していた分、とても残念で落ち込んだこともありました。
人間万事塞翁が馬という言葉があります。イルチムのやり方を学べば、それに傾倒していき、他のやり方に眼が行かなかったかもしれませんが、そのおかげでまた新しい出会いがあり、違った形で自分のレベルをグンと上げることができました。後から考えると、それでよかったのだなと思えるようになっています。今では、イルチムにまったく未練もありません。
ただ、私を成長させてくれたイルチムにとても感謝していますし、彼らには東洋医学発展のために頑張ってもらいたいと思っています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/17 14:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
口ひげで人を評価するのは人権侵害→ひげを生やしている私は?
yahoo!ニュースで、口ひげを生やしている人に対して人事評価を低くするのが人権侵害であると、弁護士会が見解を出していました。
ひげ面おやじにとっては追い風とも言えるよいニュースです。私も実をいうとひげを生やしています。できるだけ不潔にならないように、口周りの部分ひげにしています(一応、気を使っているのです)。
ひげを生やすにあたって、鼻の下のみバージョン、アゴ一部のみバージョン、アゴ全体バージョン、顔全体バージョン、さらには、右半分のみ生やすバージョン・・・といろいろ試しました。結局、鏡を見ながら、今の形に落ち着きました。
そもそも、私がひげを生やしているのは訳があります。現在、40前の年齢ですが、どちらかというと童顔なので、ひげがなく顔がつるつるだと中学生ぐらいに間違えられる可能性があるため、ひげを生やしています。
社会一般的に若いほうがいいように言われますが、医療業界にいると、あまりにも若くみられてしまうとかえってマイナスになることもあります。それで、ひげを生やし、今に至っています。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/07/16 13:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大正漢方胃腸薬は、夏の食欲不振にはいいです。
久しぶりに大正製薬のテレビコマーシャルを見ました(テレビをあまり見ないので)。夏バテに大正漢方胃腸薬が効くと言っていました。この大正漢方胃腸薬は、安中散という処方と芍薬甘草湯という処方の合方です。
安中散は胃の冷えを取りながら、胃の動きを良くしてくれるので、冷たいものを取りすぎる傾向にある夏の、弱った胃にはもってこいかもしれません。
ただ、芍薬甘草湯の方意も入っているので、続けて内服する場合には注意が必要です。
人によっては、むくみなどが起こってくることがありますので、その辺は気をつけて飲んでください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/15 13:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏は膝痛にご注意を!
実を言うと、夏は、膝痛が出やすい時期でもあります。これは、子午流注という占いにも使われる季節の法則から成り立っています。
簡単に言うと、膝は足陽明胃経と足太陰脾経が経絡の中心なのですが、この2つの経絡は共に陰陽五行説で言うと土に当たります。
季節でいうと土は土用にあたり、この土用の時期が土の気が最も旺盛になるときなので、痛みもまた出やすい時期なのです。だから、夏、特に土用になると膝を痛める人が多くなります。
ただし、土用は夏だけではありません。夏は、「土用、丑の日」でウナギを食べるのが有名なため、土用=夏のイメージがありますが、土用は季節の変わり目なので、年4回やってきます。その際も、やはり膝を痛めやすいので、注意が必要です。
カレンダーを見ながら、身体のケアをしてみるというのもいかがなものでしょう。

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2008/07/14 17:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
患者さんからお褒めの言葉をいただきました
本日来られた患者さんは、あちこちの病院や鍼灸整骨院に行かれて、当院にたどり着かれた方です。よそはすべて保険診療の鍼灸治療をされておられます。その方曰く「ここのように丁寧にやってくれるところは初めてで、値段が実費で高い(会員になられているので3500円)と思っていたけど、結果的には高くないというのがわかりました」とのお言葉を頂戴しました。
そうなんです。保険を使うと3割負担までで済みます。しかし、治らないからと頻回に際限なく通っていかれるとトータルの値段は高くなります。
当院でも、一般的に難しいとされている病気の方は、やはり治療の回数と時間がかかります(漢方の場合は1~3回でよくなることもありますけど・・・)。それでも、頻回に通っていただくと、そのうち、通ってこられる間隔が伸びて、ときどき通院される程度で済んできます。
このようにできるのも、いろいろ積み重ねてきたノウハウがあるからですが。
今は、経絡治療を疾患別にパターン化する作業をやっています。例えば、肩痛なら十数パターンに分類して治療する試みをしています。人間の身体は個人差があるといっても、使う筋肉や構造・経絡は同じなので、一定の法則化で分類することが可能です。
すこし時間がかかりますが、がんばっていきたいと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/11 13:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初回来院者の割引特典があります!
当院は有料老人ホームが母体になっているのですが、その有料老人ホームの友の会(メリィ倶楽部)会員になっていただけると、初診料金が3割引きになることになりました(私が決めたんじゃありませんよ)。
初診は7000円なので、2100円引きです。
メリィ倶楽部は年会費や入会金は無料。しかも年齢制限など一切ありませんので、赤ん坊から100歳のお年寄りまで入ることができます。
当院に初めて来られる方は、まずはメリィ倶楽部に入られてから、当院に来られることをお勧めします。
メリィ倶楽部に入会されると、さらなる特典があります。それは、メリィハウス八千代内にあるレストラン・ファブールの食事券(ランチ)をペアで差し上げるというものです。よっ、太っ腹~。
もし、入会を希望される方は、“メリィ倶楽部”で検索して、必要事項を記入していただくと、上記東洋医学研究所割引券&食事券を送らせていただくことになっています。
みなさま、よろしくおねがいします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/10 13:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私にとっての東洋医学とは?
鍼の分野でもエビデンスも少しずつ出てきているようですし、漢方もエビデンスを出そうと、研究者の方が頑張っておられます。東洋医学は未科学の部分が多いので、まだ難しい問題もありますが、これから発展することはあっても、廃れることはないでしょう。
私の東洋医学の立場は、前に書いたことがあるかもしれませんが、科学として漢方や鍼灸を扱っていません。そのスタンスは、あくまで“東洋医術”です。その手法にエビデンスが出せるかどうか・・・この点はまったく気にしてません。学術的な研究が得意な先生方に、これらはお任せしています。
私は、“術”にこだわっています。そうです。漢方も鍼灸も、結局、“術”なのです。定量化しきれない部分が絶対にあります。そこをごまかさないことが大事です。
この点で西洋医学とは違うということを明確に区別したら、もっと西洋医学と仲良くできるのではないかと思うのですが・・・これは私個人の意見ですけど。
当院は登録としては“東洋医学研究所”ではありますが、私の本音は、“東洋医術研究所”なのです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/09 09:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東洋医学は非科学か?
ドクターの8割から9割ぐらいの先生が漢方製剤を処方したことがあるそうですが、ネットを見ると、いまだに「漢方を使ってまったく効かない。漢方は非科学的だ」という先生がおられるようです(少数派になってきておられると思いますが)。
よく耳にするのは、「この人には効いて、この人には効かないという時点で科学的でない(非科学)」という意見です。
薬が効く、効かないは体質ですが、体質=持って生まれた遺伝子(例えば、もともとその薬を代謝する酵素の有無など)がかかわっていると思われます。
 証=薬を最も効果的に発揮することができる目安ということあり、その本質は遺伝子レベルにあると思われますので、証を突き詰めていけば、その生薬をどのように受け入れているかという遺伝子解析と漢方を使う目安になっている身体の反応との相関関係まで考えていかなければなりません。
まだ、そのような遺伝子解析まで進んでいないという意味では、東洋医学は未科学なのであって、決して非科学とは言えないのではないでしょうか。ただ、これらを全てやりきるには、膨大な時間と労力がかかると思われます。
それはともかく、薬の効きやすさを証という形で発見した古代人の観察力には頭が下がります。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/08 09:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏バテに漢方薬が効きます!
先日、広島はとても蒸し暑かったです。雨が少し降っては晴れる・・・あるいは、先日降って後日晴れる。これらのパターンになると、とても蒸し暑くなります。
蒸し暑いと、汗も出るし、体も重いしと、とても過ごしにくいです。
そんなときに、漢方がいいです。
汗が出ると、体の陰分(ミネラル)が出て行きます。東洋医学では、汗といっしょに気も出て行くと考えるので、たくさん汗をかくと疲れやすくなります。それは、気が足らなくならからです。
夏の蒸し暑い日は、汗がだらだら出るのと同時に湿気が体にまとわりついてくるようで、よけい疲れやすく感じを受けます。
そこで、夏バテの漢方薬は、体の陰分を補いながら、気も補うものが主体となります。これに、体を冷ます生薬が少し入ることもあります。
保険エキス剤なら、清暑益気湯がまさにそれに当たります。この処方は夏バテにはとてもよい薬ですので、夏バテを感じられたら、ぜひ飲んでみてください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/07 14:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方でダイエットしたいという患者さんが来られています。
先日木曜日は、関連のクリニックで漢方外来をしている日なので、ブログはお休みでした。
そこで、漢方でダイエットしたいという患者さんがその日は4人ほど新患で来られました。
漢方でダイエットという言葉は、本来は正しくありません。ダイエットは食事制限という意味がもともとなので、漢方と食事制限は直接つながっているわけではないため、正しくないのです。
正確には、漢方で減量したいということです。
以前、食事制限なしで痩せることを目指した時期もありましたが、成功率が3割程度しかないので、今は食事制限(正しくは内容制限)をさせてもらっています。
ただ、減量を成功させるには本人たちの意識がどれだけ強固かにもかかっています。
今回の人たちは、催眠療法は併用していません(催眠を併用すると、減量成功への効果が高くなります)。
どうなることやら・・・。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/04 17:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
針灸治療で風邪を治すことができるか
結論から言えば、可能です。ただ、これが、「針灸治療のみで風邪を治すことができるか」となると、話は別です。
例えば、バリバリ仕事をしている人が風邪を引いたとします。やらなければならない仕事がたくさんあって、働きながら、針灸治療で風邪を治したいと希望しています。
軽い風邪ならと考えますが、針灸治療をしても、たとえば、その日の夜だけでもたっぷりと睡眠を取るなどの養生をしなければ風邪はなかなか治るものではありません。もちろん、漢方治療でも同じことです。
まず養生が大切です。鍼灸や漢方は、養生をしている体の自己回復力を高めるのであって、治療をするから養生しなくても大丈夫というものではないのです。
私たちはやることがたくさんあるので、つい無理をしがちです。すると、風邪がいつまで経っても治らないということにも成りかねません。なので、養生というものを一番に考えていく必要がありそうです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/02 08:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
整形外科で鍼灸を取り入れているところも増えているようです。
痛くて肩が上がらないという患者さんが来院されました。近くの整形外科で鍼をしてもらったが、良くならなかったということで、当院の話を聞いて来られました。結果としては、全身に鍼を打っていった後に、痛くて上げられなかった肩が上がるようになり、満足してお帰りいただいたのです(玉に傷だったのが、鍼を打った後が痛いとおっしゃられていました。手加減して施術したのですが、オーバードーズ気味だったのかもしれません。気をつけないと・・・。補瀉の手技が捻転法の場合、このようなことが時に起こります)。
そこの整形外科は、鍼をドクターがされているのか、鍼灸師がやっているのか不明ですが、痛いところ、首ないし肩に鍼をされたようです。保険を使っての鍼らしいです。保険を使うところが全てではないと思いますが、保険を使うと5分鍼をやっても、60分鍼をやっても同じ値段なので、雑になってしまう傾向は否めません。雑になるまいと思っても、心のどこかでじっくりやっていられない自分がいたりします。私自身、医療保険の中で鍼灸をやっていましたから、それはよくわかります。私がいま、自由診療にしているのは、丁寧に鍼灸をやり、患者さんを苦しみから解放したいと思ったからでもあります。
保険診療の場合、数をこなさないと収益にならないので、とにかく手っ取り早い局所・局所に結果を求めがちですが、一時的に結果は出たように見えても、この患者さんのように、肩が痛いから肩、腰が痛いから腰という形ばかりとっていると、なかなか治らないということもよくあります。
「部分は全体から、全体は部分から」というように、大局を捉えていくことが必要です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/01 12:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。