スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
開院一周年総括①
当院に来られる患者さんの6割が整形外科疾患になっています。
2割が精神科・心療内科疾患、1割程度が皮膚科疾患、後の1割がその他という感じです。
鍼灸治療が最も主ですから、どうしても整形外科疾患が多くなります。
心の病に対して、針灸治療をまず行っていくということもありますが、心の病気は一筋縄ではいきません。というのは、本人だけの問題ではなく、外的要因としてのストレスが思わぬ形でやってくるため、本人を治療するだけでは解決しないことが多いのです。
特に、当院に来られる患者さんは、他院にかかり、向精神薬などを内服してもなかなかうまくいかない方たちが多いことも特徴です。そういう方たちには、総合的・複合的な治療をしていく必要があります。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/31 13:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐ開院一周年を迎えます
去年の11月からオープンしましたので、ちょうど一年になろうかというところです。
まずこの一年を点数で表すとすれば30点というところでしょうか。
とても及第点をあげられるような感じではないです。それは見込みが違っていたというところもあります。経営サイドの方々からすれば、もっと点数が低いかもしれません。
患者さんの層や数は予想を反したものになっています。
 ここはメリィ八千代という老人ホームに併設となっているため、当院に来られる方を入居者中心としていました。入居者はそれなりに順調に入っていると思いますが、どちらかというと症状の重い方が入られる傾向にあり、当院を利用される適応の方がかなり少ないのがとても残念なところです。
 次に、近所の方の利用は少なく、県外など遠方の方の利用の方が多いところが不思議です。今、最も遠いところは、京都からお越しになっています。そういう意味では、良くなっていただいているのを実感され、遠方を厭わずに来られていることは嬉しく思っています。
 当院は鍼灸・漢方・催眠療法(これは裏メニューなので表に出しておりません)を駆使して患者さんの症状を改善していきます。これらを3つ組み合わせてやれば、どこにも負けない自信があります。ただ、私としては、患者さんの負担を少なくしたいという想いがあって、料金をめちゃくちゃ低額にしています。低額にしているということは、患者さんがわんさか来ないととてもやっていけないということと表裏一体です。
 つまり、薄利多売形式でやっているにも係わらず、正直言って現在は薄利少売状態なのです。当院の鍼灸師に言わせると、「これが個人の鍼灸院だったら十分だと思いますけど・・・」とのことですが。
 できるだけ、がんばっていきますが、後は運を天に任せるといった気持ちです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/30 13:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不況と自由診療
不況の影響があちこちに出てきています。不況・不況と言うと、そんな気がしてきて、ついお金を使わないでおこうという感じになるので、本来はあまり騒ぎ立てるのは良くないのでしょうが・・・。
当院も辺鄙なところにあって、なおかつ自由診療なので、不況不況と騒がれる前の活気が正直なくなっているのは事実ですね。腕だけの問題ではないのが、つらいところです。
それでも、当院に来てくださっている方には本当に感謝いたします。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/28 13:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
道路工事には注意しましょう。
土師ダム沿いは片側一車線の対面通行です。車にて職場へ向かっている途中、カーブのきつい道があります。そこで、たまたま道路工事をしている人たちがいて、その作業場を確保するために、左車線の道の真ん中までカラーコーンがおいてありました。車を誘導するおじさんが白旗を振っているので、対向車線にはみ出して行こうとすると、カーブの向こう側から車が減速せずに走ってくるではありませんか。
「ひゃー」
急ハンドルで回避。思わず正面衝突で死ぬかと思いました。カーブがきつく見通しが悪かったことで、こちらが気をつけていたこともあって、事なきを得ましたが・・・。「おじさん!何しとるんじゃ!」って感じでした。
道路工事の誘導のおじさんのことを全面的に信用してはいけないとつくづく思いました。まずは自分の目で見て確認が第一です。何でもそうかもしれません。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/10/23 13:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近、ますますペットに似てきたようです・・・
家にウサギがいます。撫でられるとよろこぶので、これでもかというぐらい撫でてかわいがっています。
逆に、触れ合うことが多すぎてペットに似てきたのでしょうか、最近、大便がコロコロ便になってしまっています。兎糞状です。
食生活が特に変わったということはないはずなのに。
麻子仁丸を飲まなければならないかなと思っています。
「ペットに飼い主が似る」というのは、本当だったのかも・・・しれません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/22 12:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日、当院症例報告の講義があります。
室本クリニックの室本先生が主催されておられる、清広会(クラシエ薬品後援)にて、1時間ほど講義することになっています(場所は広島市内のRCC文化センター、19時30分からになります)。
演題は「当院における女性不妊の東洋医学的治療について」です。
当院は産婦人科ではありません。ただ東洋医学は人間全体を見るので、このような専門外の患者さんでも診ることができます。
最近は、新患の不妊症の方たちは一段落したのか、来られておりませんが・・・。
専門家でない者たちがどのように治療し、結果を出していったのかということを感じてもらえるだけでもよいことかもしれません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/21 13:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方薬に入っている甘草のよさを実感しました。
先日、昼に食べたパスタ(カルボナーラ)が油っぽかったのか、体調不良が原因か、胃がもたれてムカムカして、胸焼けがありました。
自分で自分の身体に鍼をして少し楽になったのですが、自分の身体に打つと打ちたいツボに手が届かないとか、物理的にできないところがあるため、治療効果に限界が自ずからあります。
そこで、早速、茯苓飲の加減を作り、飲みました。甘草や大棗など、味を調整する生薬をまったく入れていなかった(茯苓飲自体にそもそも入っていないのですが)ため、まずさをこらえて、なんとか作った煎じ薬を飲みました。とてもつらかったです。これを毎日飲むのはつらいなと思ってしまいましたね。
甘草が入っていない処方には、それなりの意味があるのですが・・・でも、コンプライアンスを向上させるためには、ある程度飲みやすくするというのも重要だなと改めて感じました。
処方する側は、実際にその煎じ薬自体をいちいち飲むわけではないし、治ることを優先しますので、飲む人の気持ちになって考えられないことがあります。患者さんが飲みやすい漢方をいかに作るかを大事にしたいと、気持ちが新たになりました。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/17 13:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
慌ててしまうと人間は・・・・
 私は結婚しているのですが、出産予定日が11月2日なので最近家内の体調が凄く気になっています。
 すると昨日、家内がお風呂の中で突然「ウァー」と叫んだので何事かと大急ぎで風呂場まで行くと、
「何処からか鼻血が出てる!」と言っているのです。
 鼻から出るから鼻血なのでは・・・・・・
 結局何も無く鼻血は止まりましたが、時期が時期なだけに慌てると人間は・・・・・・
沖田でした。
【2008/10/16 12:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
また○○の出現で、大変な事態になりそうでした。
朝、広島の北部にある土師ダム湖畔を通勤のため車で進んでいると、前を走っていた車がなにもないカーブでいきなり急ブレーキです。予想もしない事態にこちらも急ブレーキ。あと20cmぐらいで追突するところでした。なにごとかとみれば、鹿が道の横にいます。小鹿でした。車が迫っていたので、おびえていたのでしょう。道の縁で立ちすくんでいるようでした。
広島の八千代には、鹿注意報が必要かもしれません。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/10/15 09:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鍼灸治療が効きにくい人
「鍼灸は効くもののではなく、効かすものだ」とよく言われます。確かにそのとおりで、いかに効かすかが重要ですし、それを心がけて治療しています。しかし、中には鍼灸があまり効かない人もいます。
その一つが響きを得にくい人です。最近、響きがなかなか得られないため、場所を微妙に変え、刺入角度も微妙に何回も変え、響きを促して・・・これだけやれば響きがない方がおかしいというぐらいやって初めてわずかに響きが感じられる程度の方がおられました(細い鍼でやっていますので、極太の鍼でやればまた違うのでしょうけど)。
症状は取れないことはないのですが、やはりそのような方は時間がかかります。こちらが根気強くやらなければならないのと同時に、患者さんにも根気よく来院していただかないといけないため、いかに患者さんがそのことを理解してくれるかがポイントかもしれません。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/09 13:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『医道の日本』10月号の特集 “医療機関と鍼灸師”について
 鍼灸師に針灸施術を手伝ってもらっている者として、今回の『医道の日本』は特に興味深く読みました。鍼灸師が医療機関で働くことについて、さまざまな意見がありますね。
 以前、ブログの記事でコメントをいただいた鍼灸師さんの考えが、この記事を熟読することでさらによくわかりました。
 記事中の“私はこう考える”という文の中で、喜多嶋先生の意見が印象的でした。
「患者と向き合い、じっくりと施術することが本当の鍼灸治療のはずです」
 確かに・・・。当院は他院と比べて遜色ない治療効果を上げられていると自負していますが、これは、じっくり治療していくからに他なりません。恐らく、これを保険で治療するために流すような治療をしてどうかと言われると、自信がありません。というより、1回でそこまでの治療効果は上げられないと思います。(私の鍼の場合、その場で満足してもらう経絡治療とできるだけその効果を長持ちさせる経絡治療にわけていますので、より時間がかかるのが問題なのですが)。
 以前も書きましたが、鍼灸のリピーターにならない人たちの意見として「鍼灸が効かないから」というのが上位にくるようです。鍼灸が効かないのではなく、“短時間、定量化された鍼灸治療”は効かないことがあると言い換えなくてはならないかもしれません(もちろん、一本の鍼だけでも効くこともよくありますので、そうとばかり言い切れないです)。
 ただ、保険医療機関としては患者さんをたくさん捌かないと収益にならないという事情もあって、なかなか難しい問題だと思っています。
 もし病院で行う鍼灸が主流になった場合、短期的には逆風かもしれませんが、やっぱり、じっくり治療し結果を出すことができる針灸治療院の方がよいという見直しの機運が高まるような・・・そんな気がしています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/06 13:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竜胆はどれぐらい苦いか
皮膚疾患で漢方外来に来ている患者さん(その方は最初、岡山から来られていた方で、わざわざ治療のために?広島へ転勤されました)が来られています。岡山でも漢方を飲んでおられたそうですが、なかなか治らないため、私を尋ねてこられました。最初、皮膚に湿疹がたくさんでていましたが、今ではだいぶよくなっておられます(顔にあった湿疹はまったくなくなってしまいました)。前回すこし皮膚の炎症が強くなっていたので、炎症を抑えるため竜胆草を入れました。すると、今回、「あれは苦くて飲めん」と苦情を言われてしまいました。
竜胆はとても苦い熊の胆よりも苦いとされ、竜の胆のようだということから竜胆と名付けられたとも言われています。
私自身は湿熱がこもりやすいタイプなので、竜胆が入った竜胆瀉肝湯など愛用しています。そのためでしょうか、私は竜胆を飲めないくらい苦いと思ったことはないのですが・・・。やはり生薬の効きやすさと味というのも密接な関係がありますね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/03 13:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリニック休診のお知らせ
10月2日(木)は第一木曜日で、グループ内の診療所で漢方外来があります。そのため、当院は休診となります。ご了承ください。
なお、月1回の漢方外来は、「なかなか行かれないので困る」という苦情をいただいております。
それに関しては、いずれ、何らかの形で診療する機会を増やすなどして対応していきたいと考えておりますので、今のところご容赦いただきますよう、お願い申し上げます。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/10/01 17:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。