スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
医師の車が緊急車両として容認される?
インターネットニュースに上記タイトルの記事が出ていました。個人的には賛成です。
というのも、私も老人ホームの嘱託医をしていたりしますので、入居の方の容態が急変することがよくあります。自宅とは離れているため、そういうときはかなりスピードを出してしまいます(自家用車で間に合わなさそうなときは、もう救急車に頼みます。そちらの方が圧倒的に早いので)。
そういうときに限って、信号に引っかかったり、渋滞していたりしますよ、ほんと。私の場合なら、どうしても早く駆けつけるために、もっと近くに引っ越せばいいという話もありますが、持ち家だったりすると、どうしようもありません。
特に、在宅医療の先生は必要でしょうね。患者さんがあちこちに点在している場合、一人ひとりの患者さんのために、近くにいちいち引っ越すこともできませんし。自分がすぐに駆けつけられないとすれば救急車をお願せざるを得ないことを考えると、時間的にも、医療費の経済性においても、そのほうがかなり効率的です。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/01/13 13:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリニックの2009年が始まりました!
明けましておめでとうございます。クリニックにお越しになっておられる患者さんにおかれましては、今年もよろしくお願いいたします。
去年はいろいろありましたが、たぶん今年もいろいろあるのではないかと思っています。しかし、今年は自然体でいきます。自然を重んじる東洋医学ですから。なるようになる。それでだめなら、またやり直す。これでいいのだ!って感じで、やっていきたいと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/01/05 12:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。