スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
癌の患者さんに対する東洋医学的治療について
膝痛で当院に通ってこられていた患者さんが、これまで十数年痛みが取れなかったのに取れたということで感激されておられました。
ありがたいことに、その方から「癌で困っておられる方を紹介したい」と言われました。現在、市中病院で癌の標準的治療を受けられているそうです。

しかし、癌を東洋医学で治すというのは、やはり難しいです。
何が難しいかと言えば、効果の面もありますが、一番は金銭的な問題、治療回数の問題です。
たとえば抗癌作用のある漢方薬を処方する場合、必要十分の種類と量の生薬を配合しないといけません。そのためには、1ヵ月数万円(5万~)ぐらいはかかるでしょう。

以前、遠方から来られていた患者さんは、お金がなかなかだせないので、必要最小限の生薬でと言われ、1万円程度の漢方薬しか出しておりませんでした。その結果は・・・というと、やはり悪化されておられました。
現在の一般的な中医の薬量は過剰だと思っている者の一人ですが、さすがに癌に関しては過剰なぐらいの量でないとダメなのです。

今まで私が本当に治して欲しいと来られた癌の患者さんを診たのは数人でしょうか。基本的には、もっと癌の実績がある方に診てもらった方がよいのでは、ということで、癌患者さんをお断りしてきました。
それでも、必要十分量の漢方、あるいはかなり頻繁に鍼治療を受けるという条件が整っていた人の場合、延命効果を認めることもあります(末期と言われた人が5年以上生きられたのは、今まで2人だけです。そのうち、一人の方は今も癌の進行が止まったまま生活されておられます)。

中途半端な治療をすると、結局効果もなく、お金も無駄になってしまいます。変な期待を持たすのもいやですし・・・。さらに難しいのは、必要十分の治療をしたからといって、確実に効くという保証もないということです。
紹介したいという方には、申し訳ないのですが、上記のことをよく納得の上で受診して欲しいという旨のことをお話しました。
東洋医学は何でも診るのが基本ですが、得手不得手というのは、やはりあると思います(あってはいけないのでしょうけど)。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/30 13:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
治療効果と治療時間、そして料金のジレンマ
必ず痛みなどを取り、満足して帰っていただくためには、丁寧な仕事が欠かせません。そうすると、患者さん一人当たりの時間がかかります。一人、最低でも30分はかかります。場合によっては一時間半ぐらいかかります。
今は、初診4000円、再診3500円でやっています。田舎なので、高額な値段では敬遠されます。
もっとも、他院に比べるとやっている密度の濃さは負けてはいませんよ→時間給でいけば、めちゃめちゃ安い!
すると、一日で行うことができる人数に限りがでてきます。一日でやる人数に制限があれば、当然売り上げにも上限が生まれます。
かといって、一人当たりの単価を上げるとなると、経済的に苦しい人たちに対して申し訳ないので、できない・・・。
患者さんをたくさん受け入れて回していくことも可能でしょう。しかし、そうなると結果がついてくるかは疑問です。患者さんに喜んでいただいての技術ですから。
まさに、ジレンマ!
これは当院の存続の危機に係わる問題になっているのです。
なんとか解決できるいい処方箋はないか、思案中です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/28 17:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方煎じ薬の作り置き
ご縁があって、とあるクリニックに見学に行かせていただくことができました。そこは、漢方を積極的に取り入れていることで、地域でも有名な医院なのですが、面白いことに漢方薬は大部分を作り置きした煎じ薬としているのです(アルミパックに入れて保存)。
決まった処方であればエキス剤でいいような感じがしますし、人によって薬の必要量が違うので生薬の量も微妙に変えることができるのが煎じ薬のよいところなのですが・・・。こだわりを持っておられるようです。
でも、作り置きした漢方薬は処方されないものも出てくるわけで(たまたまその処方が必要な人が来なかった場合)、どうするのかと思っていたら、その際は入浴剤として使ったりしておられるようです。
なんと、その先生はアルミパック代は取っておられないとのこと。す、すごい・・・。赤字覚悟でやっておられるようです。患者さんの数をこなすことで、売り上げをなんとか維持しているからできることのようです。
これらすべて、漢方に対する情熱がなせる業なのでしょうね。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/27 11:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の漢方勉強会
漢方の勉強会を月一回やっています。3年目になります。漢方のメーカー・ツムラが医療関係者向けに出している手帳があるのですが(何種類かあります)、その基本となっている一冊の手帳をテキストに使っています。
この手帳、処方を出す際において、重要なことがサラリと書いてあります。そして、その重要なことが、なぜそうなっているのかが書かれていないため、漠然としか使えないわけです。それこそが漢方を難しくしているのではないか・・・。
そう考えて、この手帳を解説しているのです。もちろん、そんなことを細かく書いていれば、手帳ではなく、一冊の分厚い本になってしまうのでポケットにしのばせることもできないでしょうけど。
どんな講義をしているかと言えば、一例を上げてみましょう。三回前ぐらいの講義で、話をしたことです。
 92滋陰至宝湯は効能効果で「虚弱なものの慢性のせき・たん」に効くと書かれています。
そして、93滋陰降火湯の効能効果は「のどにうるおいがなく痰の出なくて咳きこむもの」によいと   書かれています。
実は、滋陰至宝湯も「のどにうるおいがなく痰の出なくて咳きこむもの」に対して使用することもよくあります。それなのになぜこのような違いをもって表現されているのかを解説しました。
こんなマニアックな話をしているから、進行が遅いのかなと思います。でも、本当は漢方を真から理解しようと思えば、そこが大事なんですけどね。
 勉強会を最初に始めたときは、138番まで2回で解説をさらりと終わらせて疾患・症候別に講義をすると話をしていたのに、気が付けば、3年目になってもまだ処方の解説が終わりません。
ですが、最近はペースをかなり上げていますので、もうそろそろ処方解説の基礎が終わるのも近いのではないかと思っています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/22 13:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東洋医学を学ぶ姿勢について
個人的に漢方の勉強会をやっていたり、効くための鍼灸を教えて欲しいと鍼灸師の人に言われたりします。
教えるのは無料でも構いません。今の漢方の勉強会も、講義に来ている人たちからお金はもらっていませんし。
昔も無料で教えていました。しかし、無料というのは、良し悪しで、どうせ無料だからという感じでいい加減な気持ち(この言葉が悪ければ軽い気持ち)で聞きに来られる人がいます。そういうのは、やはりこちらに伝わってくるんですね。だから、最近はどうなのかなと・・・。
こっちは真剣な気持ちで、分かりやすく教えるため、前もって何十時間もつかって準備をしたりしているわけです。その分、真剣に聞いてもらいたいと思います。
今は、まあ、軽い気持ちで講義に来ている人にも、真剣に聞いてもらうための勉強と思い、割り切ってやっています。もちろん、知識・経験はしっかりと出していますよ。でも、ツボのツボというところまではちょっと・・・。
本当に大切なことを知りたい人が弟子として学びたい。そうであればその情熱にこちらも応えたいと思いますし、100%をつぎ込もうかなと思います。しかし、単に知識や経験を教えてもらえさえすればいい、あるいは切り売りして欲しいと言うのであれば、それなりの講習料を取らざるを得ないかなと感じています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/20 14:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方と鍼灸、どちらが効く?
漢方と鍼灸、両方をやっていると、よく「どちらが効きますか」と質問されていました。
そんな時は、言葉に詰まってました、やはり。
漢方と鍼灸ともに、一長一短あります。現在はウエートの95%を鍼灸においておりますので、今なら
『鍼灸』と答えるかもしれません。
鍼灸の良さは、特に痛みに対して、超即効性があること。先日来られた患者さんで、「最近、左腕が痛くて、コップを持つのもつらい」という方が来られました。それに対して、右腕、右足に鍼を打っていると、「先生、左腕が痛くなくなってきました」と言われます。
そして、ものの一分ぐらいで、痛みは8割がた取れてしまいました。終了後、500グラムぐらいの物を持ってもらいましたが、痛みはほとんどなく、余裕で物を持ち上げておられました。
痛みがあるようなら、もう一回ぐらいやりますよ、と言っておきましたが、来られないところをみるとよくなったのでしょう。
恐らく、漢方ではそのようなことはありません。鍼灸には、これがあるから、やめられないのです。
鍼灸は効く人がやれば、漢方以上に効きます。もちろん、漢方も捨てがたい魅力がありますけど。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/17 17:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
反面教師から見た、流行るための自費診療
自費(自由)診療のクリニックの院長をしていると、自費診療というのは大変だなと思います。
私はサラリーマンなので、背負っているものはまだ少ないですが。
健康保険が効かないため、そこに来られる患者さんたちは、わざわざ診療代、あるいは薬代、手技代を全額払い、そこを選んで行くわけです。
ということは、自費(自由)診療とはそこにわざわざ行くだけの価値がなければ成り立っていかないということになります。
かといって、当院のように立地条件がかなり悪いというのは不利です。実際、腕さえあれば、そんなの関係ないと思っていましたが、やはり大事だということを身に沁みて感じました。
反面教師から見た流行るための自費診療の条件はこれです!
①わざわざそこにいくだけの価値(治療技術、接客術など)がある。
②ある程度、リーズナブルな値段である。
③場所はそこそこ便利のよいところにある。

②についてですが、私が昔勉強に行っていた東京のクリニックは、自由診療で治療をしていました。確かに治療技術はすごくテレビに取り上げられたりして一時期非常に流行っていたのですが、値段が非常に高く患者さんが減少したためか、保険診療に変更されておられます。おそらく、この不況の影響が大きいでしょうね。

③は、①と②がクリアしていればそんなに目くじらを立てて考えなければならないほどの条件ではないでしょう。しかし、あまり行くのに大変な思いをするようだと、結局は行くことが億劫になり続かないものです。
当院でも、「もっと市内の便利なところにあれば、ジャンジャン行くのに」という声をよくいただきます。
逆に言えば、当院にはまだジャンジャン来てもらっていない・・・ことの証でもありますが。
自費診療を考えておられるさまざまな方に、参考になればと思っています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/16 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本でも東洋医学系、西洋医学系の医師ライセンスを分けるべき?
東洋医学と西洋医学の違いについては、もう高名な先生方が語りつくしているとは思いますが、一応、私の思うところを書き綴ってみます。
東洋医学と西洋医学はまったく別のものです。そのことがよくわかっている中国や韓国はいわゆる東洋医学(中医学・韓医学)を学ぶ専門の大学を創っていて、西洋医学とは別ライセンス制となっています。
日本はというと、東洋医学の医師、西洋医学の医師というライセンスの形では分かれていません。明治時代になって東洋医学を捨て、西洋医学一本にしたからです。昭和になって東洋医学の見直し機運が高まり、西洋医学を修めた心ある医師が漢方などの東洋医学を再度独学、あるいは師について勉強してきたという苦難の歴史があって、今のような状況があります。
もちろん、漢方専門の薬剤師の先生、鍼灸師の先生方が東洋医学の伝統を消さないように下支えしていたことも見逃せません。
さて、日本において、東洋医学系と西洋医学系とに分かれていないというのは、メリットがあります。よく言われるのは、一本化されているからこそ真の統合医療を推進することができる、というものです。制度的に免許が2つに分かれていては、お互いのよさを本当に組み合わせていくことができないというわけですね。
しかし、欠点もあります。冒頭でお話したように東洋医学と西洋医学はまったく別ものです。なのに、無理やり一緒にすると西洋医学に東洋医学を組み込む形となり、本来の東洋医学のありかたとは違う形になってしまわないか、ということです。
そして、西洋医学を学ぶのでも大変なのに(特に最新の技術・知識を学び続けなければ成らない)、東洋医学まで極めていくことははっきり言って不可能に近いでしょう。
2つを同時並行すると必ずどちらかが中途半端になります。私はそれが嫌なので、東洋医学一本に絞っていくことを決め、今日に至っています。だから、こんな感じで、あやしいのかもしれませんが・・・。
ただ、中国や韓国のように東洋医学を発展させるためには、東洋医学系の医師ライセンスが必要ではないかとも感じています。
あるいは、東洋医学を専門に学ぶ大学院大学などを発足させる必要があるのではないかと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/14 09:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東洋医学の治療で難しい患者さんとは?
何でも治療をします・・・と言っていますが、正直難しい疾患もあります。その一つは、ストレスが原因の精神疾患です。これは、はっきり言って治療に難渋します。
というのも、身体を良い状態に整えて、すごくすっきりした・・・などと治療後言ってくださいますが、家に帰って、抱えているストレスを常に受け続けると、治療した身体の気血水がまた滞り、結局、次に来られるときにはまた前と同じ、というパターンになることもしばしばです。
それでも、がんばって毎日来るとか、最低でも一週間に3回以上来るというのであれば、効果を持続することはできます。
結局、明確なストレスによって引き起こされている精神疾患が治るか治らないかと言えば、治らない(もちろん、一時的には改善されます)ので、そういう病気を抱えておられる遠方の患者さんは来られなくなることも現実にはあります。しかし、実際、そういう方はどこに行っても治らないことが多いです。なぜなら、自分のキャパシティ以上のストレスを受けているからです。根治するには、そのストレス自体を無くすか、逃げるしかありません。
根気よく治療していくためには、近くの東洋医学専門のクリニックや鍼灸院で治療を受けてください。
東洋医学治療は、ストレスに強い身体を作ると言い換えてもよいのですが、やはり限界があります。
逆に言うと、精神疾患でも単純な機能的、器質的な疾患の方が、一般的に難病であったとしても、症状自体を取るのは楽だったりするのが面白いところです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/10 14:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結果を出し続けることの大変さ
頻回にお話していますが、当院は広島の田舎で、それも不便なところにあり、外れた道のさらに外れたところにあるため、通りがかりの人はまず100%と言って来ません。逆に言うと、ほぼ100%、人の紹介です。
リーマンショック後の不況の影響は人ごとではなく、去年の8月までは右肩上がりで、9月からは急激な右肩下がり。
最近、少しずつですが、患者さんも増加傾向になってきました。ありがたいことです。
患者さんが来院されなくなって、特に意識したのは結果を出すこと。痛み、痺れ、不快なその他の症状・・・をとにかく取る。無くす。それ以来、全くなくなるということは難しくても、来られた方にここに来て本当によかったと満足していただく。
それを心がけるようにしました。それがよかったのではないかと思っています。
分野が違うとは言え、イチローを持ち出すことがおこがましいのですが、結果を出していくことの大変さと大切さを身に沁みて感じます。
癌患者さんなども当院に来られますが、残念ながら続かないことが多いです。特に無症状で遠方の方はここまでの距離と時間とお金を使ってくる労力に対して、意味を見出せないのかもしれません。
すぐに結果はでない病気ですから。
私がやっている治療は、とにかく症状を取る、楽にすることに主眼をおいております。たとえ癌の方でも痛みなどの症状があれば、結果が出せると思います。それをその場で取って差し上げればよいですので(ただし、癌そのものを短時間で治すというのは無理です)。
結果を出し続けていくことは大変ですが、とてもやりがいがあることです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/08 13:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
芸能人の結核感染について
芸能人の方が結核に罹っていたことが判明していました。
昔、結核病院で勤務していて、結核の患者さんを多く診ていましたのでよくわかるのですが、
ハードスケジュールで忙しく、食事も余り取っていないような人は免疫力が低下していますので、若くても結核に罹ったりします。彼女は痩せていましたので、もともと体力がない上にハードスケジュールが祟ったのか・・・どうでしょう。。
ただ、栄養をしっかり取っており日常生活に問題がない、遠くでみている観客に関しては、そんなに簡単に感染しないと思いますけど。もちろん、狭い個室で濃厚な接触をしていた出演者の方たちなどは、しっかりと検査を受ける必要があります。
心配なのは、感染性の病気で差別的な扱いを受けないかです。例えばエイズは性的接触をしないかぎり問題ないので(コンドームありなら性交渉も可能ではあります)一緒に生活できますが、結核は空気感染しますからね。治療をしていないと一緒にいることはできません。普通に生活していても周囲に迷惑をかけるのが、この病気の悩ましいところです。
周囲の人が感染してしまった場合、その人たちの関係がギクシャクするかも・・・。
ただ基本的に結核は治る病気ですし(薬をちゃんと欠かさず飲めば)、排菌がなくなれば普通の人と変わらないので、いたわってあげて欲しいというのが正直なところです。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/07 09:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キャンペーン終了です!
本日で約一週間のキャンペーン期間が終了しました。人数が多すぎてお断りした方もいらっしゃいます。ごめんなさい。
概ね満足していただけたのではないかと思います。その場で痛みなどは大方取れてしまいますが、
残念ながら慢性疾患の場合、半日や一日経つと痛みが元に戻ってしまうこともあります(正直言って)。長持ちさせる方法は、当院では2つ。一つは最初だけ定期的に、徹底的に治療をする。もう一つは漢方薬を併用することです。
期間中、数年来の坐骨神経痛の方が来られていましたが、この方法で痛みから解放されて喜ばれて帰っていかれました。ただし、治療をしばらくしないと痛みが再発する可能性はあります。
しばらくしてから、また来られることになるでしょう。期待に応えられるようにがんばるつもりです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/04/01 17:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。