スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近のテーマは“薬膳”です。
今、薬膳をテーマに活動を開始しつつあります。
知り合いの知り合いですが、飲食店をやっていて、薬膳を取り入れたいということで、そこの手伝いをすることになっています。
まあ、私自身は料理人ではありませんが、グルメで鳴らしてきたこともあって、いかに美味しく健康になっていくかということをその人たちと一緒にできたらいいなと思っています。
現在は計画段階ですので、どうなるかわかりませんが、形になってくれば、ブログに書いていきたいと考えております。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/29 10:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鍼灸師の皆さんとの語らい
とある鍼灸院の鍼灸師のみなさんと食事会をしてきました。楽しく和気あいあいと話しができてよかったです。
その中で、自分のキャリアアップに悩んでいる方が多いようでした。どうすれば、腕を上げることができるのか・・・というのが最も切実な悩みのようです。
私も発展途上なので、絶対こうだというのはありませんが、次のようにアドバイスしました。
「一定水準になるまではスタンダードな治療方法を学んだほうがよい。そこから伸びていくためには、スタンダードな治療である程度結果を出しつつ、患者さんの愁訴に合わせて、いろいろな経穴・手技を一つ一つ確かめさせてもらえばいい」
実際、私がやっていることです。
例えば、腰痛と頭痛を訴えて来られた患者さんなら、腰痛は今まで自分がやってきたスタンダードな治療法でやる。
それで腰痛はよくなれば、今度は頭痛。
次の頭痛に関してはスタンダードな治療を行わずに自分が考えたあるいは学んだ経穴・手技・手法を一つだけ試す。それで頭痛が良くなればそれは効果のあるものなので、自分の財産として取っておく。全く効かなければ、それは意味のない治療(人によるのでそうとも限らないが)として捨てる。
患者さんからお金をもらっているので、頭痛の治療をして結果を出すため、今度はスタンダードな頭痛の治療をやって痛みを取る。
私はこうやって(今もそうですが)、自分のノートを作って自分の財産にしています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/16 17:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漢方の勉強会が一段落しそうです。
月一回でやっている漢方の勉強会ですが、やっと保険収載の漢方処方が一通り終わりそうです。
最初のころは、ホワイトボードに手書きでやっていたため、遅々として進んでいませんでした。最近はパワーポイントを使いスライドで講義しているので、こうすると進むのが早いですね。
ただし、講義内容をよりボリュームのあるものにしないといけないので、こっちは大変ですが。
症候別の漢方処方へと移っていきたいと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/15 09:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
針灸学校の数
知り合いの鍼灸師の人と話しをしていると、最近やたらと針灸学校が増えていて、世の中に出てくる鍼灸師がめちゃめちゃ多くなっている。増えすぎ!ということでした。
確かに、針灸を求める患者さんが爆発的に増えているわけではないのに、針灸をやる人間がどんどん増えると、その分、既存の人たちにしわ寄せが来ますね。

私は医者で針灸をやっていることもあり、既存の方たちに迷惑をかけていることもあるかもしれません。そういう意味では謝らないといけないかも。ごめんなさいね。
しかし、私としては針灸のファンを増やし、とにかく針灸の認知度を上げて国民が普段から針灸を利用したくなるよう地道な活動をしていくつもりです。
そのためには私自身が絶対的な腕を持つことが必要・・・ということで日夜研鑽しているわけなのです。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/10 13:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もっと勉強していきます!
当院にはどこに行ってもよくならなかったと言う人が多いので、こちらも治療に難儀することもよくあります。
今、治療に行き詰っているのは、腰椎のすべり症と狭窄症を同時に抱えている方で、腰痛、臀部痛、下肢痛があります。整形外科で手術を勧められておられますが、なんとか手術をしないでよいようにと通われておられます。
複数回の針灸治療で何とか腰痛、臀部痛はなくなりましたが、下肢痛がなかなか無くなりません(患者さんは軽くなってきたとおっしゃられますが)。
こんなとき、まだ未熟者なのだと実感しますね。
なんでもっと早く治せないのか・・・と悩みは深い。
どんな患者さんでも、もっと短期間で劇的に治せるようになれば言うことないのに・・・と思う今日この頃です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/09 12:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
針灸の適応症について
実際、針灸は漢方と遜色ないぐらい、さまざまな疾患に効果があると認識しています。効くのは運動器疾患だけではありません。

つい最近では、下肢浮腫がひどい方に経絡(鍼)治療を施し、浮腫が改善しています。
実は、この患者さん、緑内障で眼圧が高かったのですが、下肢浮腫がよくなると自然と眼圧も低くなってきたようです。先日、眼科で眼圧を測ったら低くなっていたとのこと。
私はそれを意識しないで浮腫を取るための治療をしていました。緑内障の件も患者さんから問診の際、告白されていなかったので、突然、その事実を患者さんから嬉しそうに言われた時、内心少し驚きました。
患者さん自身、緑内障を鍼で改善されるとは思ってもおらず、『どうせ治らないから言ってもしかたない・・・』というように考えておられたようでした。

眼科でも眼圧を下げる点眼薬を処方されていたので、私が「点眼薬の効果ではないですか?」と聞くと、『眼圧を下げる目薬を何種類か数ヶ月間出されていて全然下がらなかったのに、針灸治療をはじめてから急に眼圧が下がってきたのは、針灸の力でしょう』と患者さんの口から嬉しい一言。
ただし、本当に針灸だけの力かと言えば、緑内障の点眼薬を併用しているため、はっきりしたことがわからない、というのが真相ですが。まあ、患者さんからそう言ってもらえるだけでもありがたいことです。

緑内障は眼球内の水が過多になっている状態です。針灸が効いているとしたら全身の水分代謝をよくしてやることにより、自然と眼球内の水分代謝もよくなり眼圧低下につながってきたと考えられます。
経絡治療の奥深さを実感させてもらった(と信じたい)症例です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/05 09:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
また困ったことに・・・(生薬について)
とある漢方のメーカーさんがやってきて、生薬の値段がまた値上がりしました、と挨拶をしに来られました。
ある程度、予想していたことではありますが、こう再三ではちょっと・・・。
主要生産地である中国の物価高や人件費の高騰などが続いていくでしょうから、まだまだ値上がりは続くでしょうね。
このメーカーさんの生薬は品質がしっかりしているので使いたいのですが、あまり値上がりするようだと難しいです。
薬価も上がらないまま原料だけどんどん値上がりすると、保険で刻み生薬も出せなくなるかもしれません。あと数十年後には刻みで処方を受け取れるのはお金持ちだけになるかも・・・。

現在、私は経絡治療を主体に診療しているので、実質的にはさほど大きな問題ではありません(生薬を希望される患者さんには大変申し訳ないことだと思っています)。
今は経絡治療だけで全ての疾患を扱うつもりで、毎日の診療を積み重ねております。
それは、生薬の値段が上がりすぎて普通の人が漢方治療を受けられくなっても鍼と艾だけあれば、
(極端なことを言えば原材料費がかかる鍼も艾も使わなくても)苦しんでいる人たちに治療を行っていける究極の治療を創ることを医者としては目標としております。
まだまだ不十分な部分も多いですから、一生勉強していかねばならないと覚悟しています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/03 17:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
当クリニックのおける最近のブーム
最近、患者さんの来院には波があります。先週から今週にかけて言えば、一日10人以上来られる時もあれば、残念ながら1人のこともあります(自費ですから仕方ないか)。

また、紹介患者さんばかりなので、一つの疾患の患者さんがよくなれば、その人が一緒に同じような患者さんを連れて来られるため、月ごとに多い疾患・・・というのがあります。
近頃で言えば、変形性膝関節症(膝痛)です(膝痛はありふれていますし、簡単なような印象があるかもしれませんが、変形が強いのは意外と治療するのは難しいです)。

またブームが去ると、違う疾患が増えることでしょう。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/02 16:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。