スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アトピー性皮膚炎に効く化粧品
ステロイドが入っていない市販のクリームなのに、アトピー性皮膚炎がすごく良くなると評判だったのが、実はステロイド(それも最強レベルの強さのもの)が入っていた・・・というのがニュースでやっていました。
はっきり言って、「これを食べると治る」と言った怪しげな健康食品や「これを塗ると良くなる」市販のクリームなどには手を出さないほうがいいです。
そうなんだけど、この体の状態が病院に行ってもよくならない、という方も多く、これが効くなら・・・と思わず購入したくなる気持ちもよくわかります。
そういうのも、あるところにはあるのかもしれませんが、出会えるのは稀でしょうし、業者のカモになるだけかもしれません。儲けるために、うまいことを言って金だけ取って、その人がその後どうなろうが知らないという輩もいますから。
だからこそ、東洋医学があるわけです。東洋医学は2000年以上も前から、実際に病気の人に飲んでもらい、効果の実証を積み上げてきたものです(アトピー性皮膚炎そのものは最近のことかもしれませんが、アトピー性皮膚炎に似た皮膚病変は昔からあって、東洋医学で対応してきたわけです)。
やる人によって、知識・技量に差はありますが、怪しげなものよりもよっぽどいいと思うのは私だけでしょうか。もちろん、漢方にも副作用はありますが。

ちなみに、アトピー性皮膚炎の患者さんも多くみてきました。漢方薬(煎じ薬)で改善しなかった人というのは、いない事はないですが、ごくわずかです。勘違いしないでほしいのは、完全に治った人ではないということなので、そこは注意して見てください。

怪しげなものに惑わされるのではなく、近くで漢方をきちんと出してくれるクリニックや薬局で相談されたら、どうでしょう。そのほうが、絶対にいいと思います。
なお、私の場合、いままでステロイド剤を結構塗ってきた患者さんにはステロイドをやめるようには言いません。塗ってもかまわないと言います。
というのも、漢方を飲んでいると、内側からよくなってきて、ステロイドを塗る回数、量が減ってきます。そして、そのうちステロイドをつけることを忘れるようになり、自然とステロイドがやめられます。
いきなりステロイドを中止してしまうやり方を私はしません。ステロイドの離脱症状に苦しむのも、つらいことです。
軽い人の場合はそんなに時間はかかりません(それでも数ヶ月)が、結構ひどい人の場合「ほんとによくなった」という皮膚になるには、1年~2年ぐらいかかりますので、長い目で見ていきましょう。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/19 13:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耳鳴りの治療
そういえば、お盆の最中に大学生の甥っ子が家にやってきました。お盆になって、急に右耳に耳鳴りと軽度難聴があるということでした。耳鼻科に行こうにも休診なので、東洋医学で何とかして欲しいとのことです。
以前、甥っ子がバスケの最中に腰を傷めて動けないときに鍼をして、3回で完治しました。このことがあって、耳鳴りと難聴も東洋医学でなんとかならないかということもあったようです。
軽い突発性難聴の可能性が高いため、改善傾向がなければすぐ耳鼻科に行きなさいということを条件に治療しました。
鍼治療と漢方薬を投与(家に備蓄しているもので対応)。
治療初日はなんとなく良くなったようだけど、あまり変わらない。
二日目はすこし耳鳴りが軽くなった気がする。
三日目になって、耳鳴りが軽くなったのを実感できる。それに伴い、聞こえにくさも改善。
四日目、右耳の耳鳴りがずいぶんよくなって、外耳を閉じるとキーンという高音の耳鳴りが少しするも、全然気にならなくなった。耳の聞こえはいつもと変わらないレベルにまで回復。
甥っ子は用事があり、住んでいる神戸に帰ってしまうということもあって、4日間で終了となりましたが、なんとか結果を出せてよかった・・・です。
これはおそらく、さほど重症ではなく、発症直後から治療を開始しているので反応がよいと思われます。もちろん、重症度が高ければ、良くなるのにもまた時間が必要です。さらに経験上、発症して時間が経てば経つほど治すのに時間がかかります。
これらのことを知っていただき、東洋医学の恩恵をより多くの人に受けていただきたいと思っています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/18 09:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今回の総選挙の話
あまり、ここで政治的な話・個人的な思想の話をしないように心がけていましたが、民主党が外国人参政権付与について前向きに考えるということを表明したことを受け、我慢ができないので書くことにしました。
今度の選挙は、自民党に一票入れます。本当はお灸をすえるためにも自民党に入れたくないのですが、民主党に入れると日本が壊されてしまうからです。
官僚政治を壊すというところまではよいのですが、外国人参政権問題など日本人のアイデンティーまで破壊しようとする姿勢は許せません。
たとえば、日本にいる北朝鮮籍の人間に参政権を持たせて、もし北朝鮮が攻めてきた時に、地方の政治が北朝鮮が関与するグループにのっとられていて、日本を守るときの障害になったらどうするんです?みなさん。
このブログに来る人は少ないので、こういう話をしても大勢に影響ないのかもしれませんが、このブログに来た人だけでもいいので、本当によく考えてもらいたいです。
目先のことに惑わされて、大事なことを見失わないように・・・。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

【2009/08/17 17:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東医宝鑑を読んで
今年のお盆期間中は、どこにも行きませんでした。初盆なもので、墓参りが中心という休みです。
家に居るときは、家の中の片付けをしていました。特に、本がたくさんあって雑然としているため、整理していると、「そういえば、この本は面白かった」「そういえば、この本は途中までしか読んでなかった」など一冊一冊読み返してしまい、結局、片付いていません。
その中で、久しぶりに読んだのが「東医宝鑑」です(パラパラと興味のあるところのみ、見ました。分厚い本なので)。漢方・針灸の古典を集大成した本ですので、読んで面白いというものではないですけど・・・。資料的な価値は高いと言えます。今から400年ぐらい前に朝鮮の許淩という医師によって書かれていますが、彼は、彼の師匠の教えである「医者のうち、第一が心医である」ということを実践して一流の漢方医になったとのことです。
心医とは、病んでいる人の心を安らかにする人格を持っている医者です。そして、心医になるには、病人を心からいたわる気持ちを持つことが大切だと、気持ちを新たにしています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/17 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ただいま検討中・・・
広島市内の知り合いから、なかなか治らない痛み・不快な症状を治療してくれと言われることも多いです。
「じゃあ、今いるクリニックに来て」というと、「そこは遠いし、交通も不便なのでなかなか難しい」という返事が返ってくるのがほとんどです。
確かに・・・。自分がその立場なら、躊躇するかもしれません。
一回や二回ならいいんでしょうけど、難病になればなるほど、治療回数と期間が必要になってくるから、やっかいです。
どうすれば、より多くの苦しんでいる人を助けられるのか、ただいま検討中です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/12 10:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
広島から新たな東洋医学を発信できれば・・・と思っています。
いろいろ経絡治療をしていくうちに、わかってきたことがあります。
当たり前と言われそうですが、慢性疾患についてはできるだけ頻回に治療間隔を開けずに経絡治療をしたほうがよい、ということです。
以前、ある鬱病の患者さんが来られていましたが、その方は治りたい一心で、一週間に三回は治療に来られていました。
その結果、少しずつ抑うつ気分や不快な症状が取れていき、今は普通の生活が送れています(ただ、いろいろストレスがかかると、すぐ気分的な不調を訴えられて、当院に来られますが・・・)。
もちろん、その方は抗うつ剤も以前と同じように服用されています(東洋医学だけで行こうとして、急に薬をやめさせて鬱を悪化させてはいけませんよ!)。
極端なことを言えば、毎日、たっぷり時間をかけて経絡治療を行えば、今は難病と言われている病気でも、その多くを改善へと導いていけることは不可能ではないような気がします。
→医学的に治るのとはまた別問題ですから。

私の師匠は、今、学習障害に取り組まれています。学習障害を経絡治療で改善していっている症例をその場で見せてもらっていますので、間違いありません。漢字を認識できなかった子が、今では漢字テストでそこそこの点を取れるようになってきています。本当に驚きです。
また中等度のダウン症も今チャレンジされていますが、いつも奇声を上げていた子がおとなしくなり、自分の名前が言えるというところまできているようです。その子に関しては、今後どうなっていくか、私も推移をみていきたいです。
もちろん、それらは集中的に毎日、30分~1時間は経絡治療を行っている症例です。効果が出てくるまでに、それでもやはり数ヶ月単位の時間がかかるのが難点かもしれません(それでもすごいことですが)。
私はまだまだそこまでは至っていませんが、数多くの難病にチャレンジして、みなさんを幸せに導くことができればと思っています。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/07 16:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
膝痛の漢方治療
膝痛に対して、大部分は針灸治療でOKなのですが、この前から来られている患者さんには思わず
漢方を使ってしまいました。
というのも、膝、腰が痛いというので来院されました。以前は腰・膝が曲がらなかったのですが、鍼治療をするようになって、腰・膝も曲がるようになり経過は順調のようでした。
しかし、膝を折ってしゃがみこめるようになっても、それから立ち上がるときにまだ膝が痛いを言われます。
膝の痛い部分が奥の方ということでした。この奥の方が痛いというのは腎が影響していることが多いので、腎に対する鍼治療を行いました。
こうすることで、少しずつ薄皮をはぐように痛みは和らいできましたが、劇的に・・・ということにはならず、患者さんからこの奥の痛みを早く治してほしいという強い要望を受け、やむなく漢方をだしてしまいました。
鍼で治すを決心したら、鍼のみで治すようにすることが鍼の臨床力は上げることである。以前、鍼を教えて欲しいというDrがおられたときにこのような話をさせていただいたことがありますが、それを思い出すと少しばつが悪い今日この頃です。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/08/01 10:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。