スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生薬に触れることの大切さ
当院では現在、院内で漢方薬を作っています。危険性のないものであれば、生薬を見るだけでなく、触ったり、舐めたりすることもOKとしています。現在100種類以上の生薬が置いてありますが、それぞれ味、形に特徴があって、面白いです。
院内に展示室が設けてありますので、もしご興味のある方は、当院に来て、生薬を見て、触って、食べたりしてもらって結構ですよ。
私もかつて、エキス漢方のみをやっていましたが、生薬がどういう形・色のものかどうかもわからずに処方するのに抵抗を感じて、煎じ薬を始めました。
生薬を実際に見ることで、わかってくることもあるので、実物を見るということがいかに大切かということに気づかされます。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/06/19 12:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<舌診の勉強会に行ってきました。 | ホーム | 最近のブログについて(プレイバックパート2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/104-eb49bbb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。