スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
私にとっての東洋医学とは?
鍼の分野でもエビデンスも少しずつ出てきているようですし、漢方もエビデンスを出そうと、研究者の方が頑張っておられます。東洋医学は未科学の部分が多いので、まだ難しい問題もありますが、これから発展することはあっても、廃れることはないでしょう。
私の東洋医学の立場は、前に書いたことがあるかもしれませんが、科学として漢方や鍼灸を扱っていません。そのスタンスは、あくまで“東洋医術”です。その手法にエビデンスが出せるかどうか・・・この点はまったく気にしてません。学術的な研究が得意な先生方に、これらはお任せしています。
私は、“術”にこだわっています。そうです。漢方も鍼灸も、結局、“術”なのです。定量化しきれない部分が絶対にあります。そこをごまかさないことが大事です。
この点で西洋医学とは違うということを明確に区別したら、もっと西洋医学と仲良くできるのではないかと思うのですが・・・これは私個人の意見ですけど。
当院は登録としては“東洋医学研究所”ではありますが、私の本音は、“東洋医術研究所”なのです。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/09 09:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<初回来院者の割引特典があります! | ホーム | 東洋医学は非科学か?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/118-7ca6ad87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。