スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イルチムについて
広島で漢方専門でご開業されておられる室本先生の勉強会に月1回参加させていただいていますが、鳥取から漢方と鍼灸をされているDrが来られていました。
鍼灸は韓国の鍼灸一派・イルチムの治療法も取り入れておられるとのことでした。
イルチムの金会長と何回かお会いしたことがありますが、鍼の効果はなかなか素晴らしいものがあります。
イルチムのことはすっかり忘れていましたが、その先生のおかげで記憶がよみがえってきました。
2年ぐらい前には、イルチムの手技をしっかりと学べるという機会もあったのですが(一時期、韓国語まで勉強しないといけない状況でした)、とある理由でイルチムと一線を画すことになり、今ではまったく交流が途絶えてしまいました。その当時は、期待していた分、とても残念で落ち込んだこともありました。
人間万事塞翁が馬という言葉があります。イルチムのやり方を学べば、それに傾倒していき、他のやり方に眼が行かなかったかもしれませんが、そのおかげでまた新しい出会いがあり、違った形で自分のレベルをグンと上げることができました。後から考えると、それでよかったのだなと思えるようになっています。今では、イルチムにまったく未練もありません。
ただ、私を成長させてくれたイルチムにとても感謝していますし、彼らには東洋医学発展のために頑張ってもらいたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/17 14:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<早く治すことの弊害 | ホーム | 口ひげで人を評価するのは人権侵害→ひげを生やしている私は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/124-ec8f5081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。