スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ハイブリッド医療について
ハイブリッド車の話題が出たので、医療のハイブリッドについて述べたいと思います。
ハート出版というところだったと思いますが、「ハイブリッド医療」のことが書かれた本が出ていました。
興味があったので買って読みましたが、西洋医学と東洋医学をうまく併用していくというのが主旨でした。
昔、統合医療を目指したこともありました。ただ、統合しようと頑張れば頑張るほど、無理だということがわかってきて、最近では統合医療という言い方はよくないなと感じています。
例えば、東洋医学と西洋医学を統合するとなれば、西洋医学的な見方で東洋医学を考えるということになってしまいます。
すると、その東洋医学は、その時点で西洋医学的な東洋医学になってしまい、真の東洋医学から離れていってしまいます(統合医療という形にこだわるのなら、それでもいいと思います)。あくまで併用という形にならざるを得ません。
また、東洋医学の中の漢方と鍼灸も、重なる部分はありますが、やはり別物であって、共通の土台ですべて語ってしまおうとすると、ひずみが出てしまいます。
以前は、生薬の帰経と鍼灸の経絡が一致しないとダメというように、「こうだ!」と枠をはめることになってしまい、窮屈な医療をしていたこともありました。今ではいい思い出ですが・・・。自由な発想をすることがとても大事です。
ハイブリッド医療は、ある意味、無理な統合をしないで「いいとこ取り」なので、逆にそのほうが自然で、それぞれの個性を生かせるため、よい呼び名かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/07/23 13:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日は少し寝不足です。 | ホーム | ハイブリッド車の燃費について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/127-39215df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。