スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自ら進んで・・・・・・
 仕事柄、人に喜んでもらえることは凄く嬉しいことです。その中でも、「ボランティア」をしている人たちは私は尊敬します。しかし、この「ボランティア」の意味は大変難しいです
 世俗のボランティアは、何か然るべき団体やイベントに参加しないといけない!と思っていたら意識が引きずられ、どこか遠くに対象を求めていると「ボランティア」の気持ちは捻じ曲げられる。「正しい」という思い込みは得てして思慮浅薄な勘違いで終わるような気がします。
 まずは、自らを「ボランティア」すること。これが基本で、家を掃除する。職場を掃除する。家の前の道路を綺麗にする。職場の道路を綺麗にする。沿道の落ち葉を片付ける。タバコの吸殻を拾う。などが基本的な「ボランティア」の始まりだと思います。だから、私は「ボランティア」を進んでできる人を尊敬するのです。
 ある時、ボランティアをするのが好きだという人と話をしたことがあります。すると、「マンションの管理費を払っているのに何言ってるんですか!」と怒鳴られた
 「道路は自分のところではない。役所がやるべきだ。」と切れられる
街を歩いていて、誰かが倒れていても知らん顔する人のほうが多い。
 特別な「ボランティア」というものが有るわけではない。手を伸ばして届く範囲でできること、やることがいっぱいあるのに、それを見ずによそに「ボランティア」を求めるのは「ボランティア」ではなく「ボランティアごっこ」で、自己を満足するためなのだろう。
 本当に、進んでボランティアができる人に心から敬意を表します。         沖田
スポンサーサイト
【2008/08/01 16:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クリニックに来院される患者さんがまた1人少なくなりました。 | ホーム | 終わりがないのが、おもしろい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/133-335b4fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。