スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近は、ノムさんのようにぼやきが多くなってます・・・
今日はぼやきを言わせてください。
当院は老人ホーム併設になっています。なので、入居者の方が来られるのですが、新患の方が先日いらっしゃいました。家族の方は漢方を希望されていたのですが、主治医の方から新薬が出て、それで少し落ち着いているということで、できれば漢方はこちらから出さないでほしいと言われてしまいました。
家族と相談したら、本当は漢方を出してもらいたいんだが、老人ホームに入所している以上、老人ホーム側の言うことを優先してほしいと言われましたので、当院から漢方の処方するのは中止しました。こういうケースもよくあります。
ここは老人ホーム併設のクリニックなのですが、自由診療ということで、老人ホームとはまったく切り離された存在になっています。そして、主治医にもなれない状態です(治療しても保険がつかえませんから、主治医は同じグループの病院のドクターがなっておられます)。
こんな状況ですから、治療の優先権はあくまで主治医にあります。当然です。それを逸脱することは許されません。
やはり、主治医として治療できないというのは、非常に大きなハンディがありますね。残念ですけど。
結局、「この人にはこの治療がいいんだ!漢方を使うんだ!」と強く主張することができないわけで、やりたいことが全然できていないのが現状です。最近、システムとしての限界を感じています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/08/21 12:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<はりきゅうしさんからコメントをいただきました。 | ホーム | 保険医療機関における「はり・灸にかかる施術」について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/141-6d93ddb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。