スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
癌に対する針灸治療が見直されているようで、よいことですね。
『医道の日本』に、「緩和ケアで針灸治療が一定の効果を上げている」というのが載っていましたね。
このように針灸があちこちの場所で見直されるのはよいことです。
私も癌の患者さんに対して、漢方治療および針灸治療を施してきました。残念ながら、私がさせていただいた方で、末期がんと言われて5年以上ご存命の方はいらっしゃいません。
しかし、余命3ヶ月と言われて、漢方薬を飲み始めて5年近くも延命された方もおられますし、癌性疼痛を針治療だけでコントロールしたこともあります(モルヒネの使用量が日本は少ないと言われていますので、あまり自慢にならないかもしれません)。
東洋医学を通常の緩和ケアと共に上手に使っていけば、よりよい緩和ケアをしていけるのではないかと考えています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/09/09 09:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<整体の医療水準について | ホーム | 施術料金改訂のお知らせ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/150-e2a0e764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。