スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東洋医学の虜になるのはなぜ?
先日、頚椎損傷の患者さんが来られました。
たまたま当院の近くを通りかかったとのことで来院されました。東洋医学を試しに中国に行ったり、いろいろなところに行ったがよくならないということでした。
頚椎損傷はとても骨が折れる疾患です。きちんとやろうとすれば、一時間半ぐらい普通にかかります。
こちらもへとへとになりますが、治療後、手足の動きが少し軽くなったという患者さんの声に、やってよかったという気になるものです。
一回や二回といった短期間でよくなる疾患ではないことを理解してもらわなければなりません。ただ、不全麻痺であれば、回数を重ねるごとに少しずつではありますが痛み・痺れは改善します。しかし、機能自体は回復はむずかしいでしょう。不全麻痺であっても脊髄神経がやられていますから。
さらに、完全麻痺は(私の力では)痛み、痺れとも治すことはできませんので、お断りしております。神経が完全遮断している場合、再生医療でなければ治すことは不可能です。当然のことながら、障害の程度が大きければ大きいほど治療が難しくなります。
断るのは誠に申し訳なく思いますが、治せないのに患者数獲得のため、ポーズで治せる振りをするのはもっと申し訳ないからです。
難病であっても、東洋医学には可能性があります。それが、私を虜にする理由かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/03/24 13:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<現在、体験入居キャンペーン中です。 | ホーム | 現代医学と東洋医学の役割の違いについて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/207-5595e083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。