スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鍼灸師の皆さんとの語らい
とある鍼灸院の鍼灸師のみなさんと食事会をしてきました。楽しく和気あいあいと話しができてよかったです。
その中で、自分のキャリアアップに悩んでいる方が多いようでした。どうすれば、腕を上げることができるのか・・・というのが最も切実な悩みのようです。
私も発展途上なので、絶対こうだというのはありませんが、次のようにアドバイスしました。
「一定水準になるまではスタンダードな治療方法を学んだほうがよい。そこから伸びていくためには、スタンダードな治療である程度結果を出しつつ、患者さんの愁訴に合わせて、いろいろな経穴・手技を一つ一つ確かめさせてもらえばいい」
実際、私がやっていることです。
例えば、腰痛と頭痛を訴えて来られた患者さんなら、腰痛は今まで自分がやってきたスタンダードな治療法でやる。
それで腰痛はよくなれば、今度は頭痛。
次の頭痛に関してはスタンダードな治療を行わずに自分が考えたあるいは学んだ経穴・手技・手法を一つだけ試す。それで頭痛が良くなればそれは効果のあるものなので、自分の財産として取っておく。全く効かなければ、それは意味のない治療(人によるのでそうとも限らないが)として捨てる。
患者さんからお金をもらっているので、頭痛の治療をして結果を出すため、今度はスタンダードな頭痛の治療をやって痛みを取る。
私はこうやって(今もそうですが)、自分のノートを作って自分の財産にしています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/06/16 17:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最近のテーマは“薬膳”です。 | ホーム | 漢方の勉強会が一段落しそうです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/239-03de7461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。