スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東洋医学を学ぶための心構え
東洋医学は一般的に、西洋医学を中心に学んだ方たちには難しいとよく言われます。私もそうだと思います。何が難しいのかと言えば、一つには曖昧だからです。
気を抜きに東洋医学は語れませんが、この気自体が存在を証明することが難しい。大体、よくわからないことを、“気のせい”と言われるのですから。
そして、用語も曖昧。虚証、実証というのは、その目安はあっても実際にそれを定量することは難しい。どこまでが明確な虚なのか、実なのかが曖昧。さらに、虚の中に実があり、実の中に虚がある・・・とまで言い出す始末。まるで禅問答のようです。
おまけに秘伝のため、隠語や言葉を置き換えて古い書物に書いていたりします。
でも、私にとってみれば、だからこそ面白いと感じます。謎解きのようなつもりで、いつも研究しています。
古の人が「このツボにこの名前をつけた本当の理由がわかるか?」などと尋ねてきている気がして、
考えて考えて考えて『そのツボにこの名前をつけたのは、こういう生薬を使う目安にするためじゃない?』とツボと生薬を結びつけるという勝手な推論を立てます。そして、実際にそれで合っているのかを臨床で確かめる・・・という形でやっています。
発想の転換をすれば、まだまだ新しい発見があります。それが楽しくて、やめられないのです。でも、このやり方だと永遠に私が目指す東洋医学は完成しないかもしれません。たぶんしないでしょう。
ただ、こういう発想になったのは、私が数年間易経を徹底的に学んだことがよかったのではないかと、振り返って思います。
易は特に占術をする場合、卦を表から裏から、はたまたひっくり返してみたりもします。常に、そういう発想で物事をみるようにしているので、漢方や針灸も突拍子もない解釈になったりするんです。時には荒唐無稽なこともありますが・・・。こういう発想が実際の臨床では突破口になることもあるのが面白いところですね。
では、結論に行きましょう。

伝統を重んじるが、囚われない。
形を大切にするが、固執しない。
常に臨機応変に対応する。
しかし、必要だと思えば、とことんまで一点を攻める。

この姿勢が東洋医学の臨床で大事だと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/10/27 14:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<貴重なデータが・・・ | ホーム | e-たばこの話題ついでに。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/270-4cc00aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。