スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
民主党の事業仕分け(漢方薬の保険収載廃止について)
漢方薬の保険適応外の動きをやめるように署名活動がなされています。私も署名しましたし、同僚たちも署名していました。ネットをみてみると、「仕分けただけで、すぐ廃止になるわけでもないのに、なんで署名なんかするのか」という意見もあるようです。
それで安心して何もしないでいると、なし崩し的にそうされるだけですし、そもそも民主党自体が社会主義的な発想で、中国などに目が向いているため、漢方薬を保険からはずし、外国企業(中国)に日本の漢方を牛耳らせようなどと目論んでいるのではないですか?
荒唐無稽と言われそうですが、何かの話では、民主党が今度中国参りに行くのに600人も連れて行くそうじゃないですか(本当かどうかは定かではありませんけど)。
もしそうなら恐らく、それって、税金で行くわけでしょう?政党助成金などの公金を使って。
大体、地方の陳情でも小沢を通さないと受け付けないというのは、個人崇拝化させる、公権力を自分に集中させるという民主主義にとって最も問題ある行為だと思いませんか?
民主党という名前も、社会主義的なことをやるのに、もっともそんなことをしそうにない名前にしているだけに陳腐に思えます。
温暖化排出ガス25%削減だって、条件はつけているようですが、確かに大事なことですけど、日本だけ突出してそれをやるってことは、日本企業の国際競争力を削ぎたいっていうことが見え見えのような気がします。
表側ではきれいごと、理想論的なことを言っていますが、裏ではほんと日本をダメにすることばかり考えているのではないでしょうか。そうとしか思えません。
事業仕分けの問題は、官僚や癒着している企業など一部のものが公金をいいように使うのを防止する・・・そういう意味ではいいとは思いますが。何が無駄なのか、われわれも考えないといけません。未来への先行投資を行わず、目先のことしか考えないようだと、日本は衰退する一途です。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2009/11/30 17:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<エキス漢方の使い方 | ホーム | 平成政府(民主党)の漢方弾圧の動き>>
コメント
日本民族の元寇以来の危機とは
かつて元寇のとき、日本はシナの属国になるところでした。

いま、外国人参政権付与を利用して、地方主権の名のもとに、対馬、竹島、沖縄、北方領土をまず日本から無くそうとしている人がいます。

そして地方参政権を利用して、中韓を教育に介入させ、日本人の教育を自虐的に偏向し、教科書採択を牛耳り、日本の子供達の心、愛国心を破壊する謀略です。


この危機をテレビも新聞も報道しません。
普通の国民が誰も知らないまに、

日本はいま消滅しようとしています。
この時期にヤマト復活のアニメ映画が放映されるのは、偶然ではないと思いませんか?

いま、天が志のある人が立ち上がることを求めているのではないでしょうか?



【2009/11/30 19:25】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/277-f0001f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。