スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鍼灸の流派について
本日、クリニックは休みですが、講義の資料を作るのにクリニックへ来ています。時間ができたので
ちょっとブログを書いています。
先日、勉強会で、藤本蓮風先生が主催する北辰会で勉強している針灸師さんの症例報告を聞かせてもらいました。
かなりカルチャーショックを受けました。患者さんから情報収集(問診など)かなり詳しくされており、問診から、切診、治療終了まで初診の人は3時間もかけるといいます。その徹底した治療の姿勢に感動すら覚えました。
弁証論治をとにかくきめ細かくやる・・・それを徹底してやることで効果を出しているのでしょう。しかし、他流派の治療について聞くことで、自分が今やっている立ち位置というのが、少し明確になってきました。
それは以下のようなものです。自分の頭の中を整理するために、ちょっと書いておきます。
私が今取り組んでいる治療法は、これとは全く逆で、いかに弁証論治をしないか・・・です。患者さんの訴えをありのまま受け止め、それに対応しているツボに打って行く。
昨日、右足の外側が全体的に痛くて正座ができないという人が来ました。横になってもらい、鍼を決められた場所(対応点)に打って行きました。鍼7本ですので、三分で終了です。治療後、ちゃんと、正座ができるようになりました。ただし、それで何千円ももらっては申し訳ないので、肩や腰などコリのあるところにも鍼を打っていき、最終的には40~50分で治療を終えました。
私のところは、徹底的にシンプル化して、無駄と思われるものはそぎ落としていきます。これがたぶん日本的なのでしょう。具体的に、型というものがあって、問診や切診を通じてその型を造り、その型の中で治療していきます。
ただ、その型ははじめから完全な形が決まっているわけではありません。イメージするならば、粘土の塊りがあって、患者さんに向かって、それを押していく。その跡には、その患者さんなりの型ができあがっています。その患者さんの型にあった治療をします。
型がわかれば、それに対応する治療点が決まっているため、治療の処方はもう一瞬でできあがりです。治療穴をどうしよう…と悩むこともないのが特徴かもしれません。

一方の北辰会さんは、徹底的に情報を集め、それを分析し、治療する経穴を絞り込んでいく。こういう形のようです。中医学をベースにされていますが、そのレベルは日本でも屈指のものだと推察します。

そういうレベルの高いところに負けないように、まだ発展途上の私も精進しなければならないと決意を新たにしました。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/01/21 12:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<やっぱり厄年って本当ですかね・・・ | ホーム | 大阪の鍼灸院の医療事故について>>
コメント
実際に患者として施術を受けましたが、藤本蓮風先生は弟子の方が収集した膨大な情報は見ていないようです。
弟子のため、後の発表などのために行っているようです。
【2010/02/20 16:36】 URL | ttt #-[ 編集] | page top↑
【西田昌司】小沢問題と民主党の対応[桜H22/1/21]
荒唐無稽のモラルなき政権の実態をあばく。
全部がうそだったのです。
【2010/01/23 15:35】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
親しくなったら行きませんか(^_^)/~
飲み友探してまーす☆気軽に楽しく一緒に飲みに行きませんか?(*^_^*)そんなに強くはないけどね(*μ_μ) イイお店とか知ってたら案内してほしいです★時間は夜遅くでも空いてますよヽ(^o^)丿飲み友探しなんで二十歳以上の人限定ー(*・人・*) 年は23歳だよ!メールよろしくでーす! red-rose.ray@docomo.ne.jp
【2010/01/22 19:30】 URL | さよ #rmKhzUUk[ 編集] | page top↑
外国人地方参政権阻止!緊急国民大行動
北辰会の村井和先生はすばらしい方ですね。
【2010/01/21 22:32】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/285-8d3c003c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。