スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
神経難病に経絡治療はとてもいいです。
もうすぐ閉院なので、回顧録みたいな形になってしまいそうですが・・・。
当院にも2年間で数多くの方が来られました(と言っても、交通が不便で自由診療ということもあり、ものすごく患者さんを診たということはありません)。
ただし、どこに言ってもよくならないという方ばかりが来られていましたので、内容は濃かったです。
特に印象深いのが神経難病の患者さんです。
進行性核上性麻痺の患者さん。
パーキンソン病の人。
多系統萎縮症の方など・・・。
それぞれに思い出があります。
進行性核状性麻痺でも、(進行が止めるとは言いませんが)経絡治療を行うことにより進行をかなりゆっくりさせ、QOLを大幅に改善させられることがわかったこと。これが非常に大きな財産になりました。それを応用して、パーキンソン病に取り組むと、これも改善してくるのに時間はかかりますが、パーキンソン病も進行を抑えることは十分に可能となりました。
そのかわり、回数が必要です(最低でも週2回の治療)。そして、末期ではないことも大事です(私が治療する場合)。
多系統萎縮症の患者さんもやってこられていましたが、その方はかなり進行した状態で来られました(患者さんは自分では寝返りすることもできなません)。この疾患は診たことがなかったので、効果があるかどうかわからないという同意を得て治療させてもらっていました。
しかし、ここから60~70キロも離れたところから来られていて、家族の方も仕事をしながらですので、治療が1~2週間に一回ぐらいです。それでも3ヶ月ぐらい来られました。本当に頭が下がる思いでした。でも、この患者さんの場合は、はっきり言って改善傾向が見られないため、家族のことも考え治療中止としました。
本当は、そのぐらいの治療機会でも結果を出さなければいけないのかもしれませんが。現在の私にはちょっと無理です。まだ、修行が足らないことを実感させられた、思い出の症例です。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/02/09 17:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<リクエストにお答えして・・・ | ホーム | 新規開業へ向けて、動き出しています。>>
コメント
150日の奇跡を実現させられるのか?
催眠療法の症例体験談も書いて下さいね。
そして、下記の150日の奇跡、三輪氏のスピーチをどうかご覧くださいませ。↓↓集団としての坂本竜馬。オセロゲームの奇跡。
【2010/02/09 23:07】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/288-9e0dca68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。