スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
漢方と鍼灸の使い分け
現在のところ、漢方も鍼灸もどうしても教えて欲しいという志のある人にのみ教えています。
私自身、まだ発展途上なので、分かる範囲でしか教えられませんが。
いつか広く遍く漢方と鍼灸を同時平行で教えていける場所ができればな、というのが今の夢ではあります。
その中で、ある人から、「漢方と鍼灸の使い分けはどうするのか」という質問が出ました。
とてもいい質問だと思います。
漢方は内から、鍼灸は外から臓腑・経絡を整えるというのは以前に書いたことがあるかもしれません。
これは私のやり方ですけど、漢方は全身疾患に、鍼灸は局所の疾患に・・・という使い分けです。
漢方は局所に効かないの?鍼灸は全身に効かないの?という意見が出ると思います。
当然、漢方も局所にも対応できますし、鍼灸も全身に効きます。
しかし、得手不得手を考えると、このような方向性になります。
その説明の前に、なぜ甘草が多くの処方に入っているのか、ご存知ですか?
・甘さを加えて漢方を飲みやすくするため!→当たりです。
・副作用を抑えるため→正解です。
それ以外にも、甘草にはさまざまな役割があり、細かく言えば、これらを含めて20あまりの使い方があります。
甘草が漢方の圧倒的多数の処方に入っている理由の一つが、
他の生薬をまんべんなく身体・経絡に分布させるという意味です。
つまり、甘草が入ることによって、身体中に広がっていかせることができるのです。
ですから、逆に言うと、全身に効かせたい時は甘草が必須です。
何が言いたいかと言えば、特に甘草を含んでいる漢方薬は多経絡系なので、効果があちこちに分散します。よって、漢方の内服では、ここの部位だけに重点的に効かせたいという力が弱い。
鍼灸の場合は逆で、効かせたい経絡に効かせたいように処置すれば、効かせたいように効かせられる・・・という特徴
があります。これが鍼灸の魅力で、そこに虜になってしまったために、鍼灸に並々ならぬ情熱を注ぐようになったのかもしれません。
ただ、効かせたい経絡・部位が細分化すればするほど、全身がターゲット(頭も首も背中も腰も肘も股関節もお腹も脚も膝も・・・というように)になった場合、鍼の本数と施術時間が当然多くなってしまいます→全身なら鍼は20~30本。施術時間もやはり一時間はかかります。
ここに出した例の人でも一本二本の鍼で済めば問題はないのですが。残念ながら、これが今の自分の課題と言えましょう。しかも、永遠に解決できない問題である可能性もあります。
私が行っているのは、中医学とは違うやり方です。中医学の鍼の先生は少数穴で全身治療ができると言われる方もおられるかもしれませんね。
短時間でたくさんの人を良くしていくことを今は目指しているため、アトピー性皮膚炎など全身疾患は漢方で、手の痛み・こわばりなどの局所は鍼で、というのが現実のところです。
これを答えにしたいと思っています。

なお、当院は3月で閉院になります。現在、メールの問合せができなくなっております。疑問・相談など・・・がある方は、
このブログで差し障りのない範囲内でお書き下さい。時間がある時に、コメントとしてお返事を書かせていただきます。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2010/02/24 17:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<処方ができなくなる生薬が出ます・・・ | ホーム | 閉店前の百貨店みたいな状況です。>>
コメント
MKさんへ
昔は自分のブログをやっていましたが、
クリニックブログと重複するため、3年前ぐらいに休止としています。
今は見るのが恐いぐらい、塩漬けになっています。
今度のところも雇われ院長になります。クリニックブログなどは、また退職になったりした場合に大変なので、今のところはやらない方向です。
ですが、いろいろと発信をしなければならないと考え、個人的なブログかホームページを
立ち上げる予定としております。
【2010/03/01 13:27】 URL | 東洋医学研究所 #-[ 編集] | page top↑
このお話を聞いてください
よくわかるご説明です
【2010/02/26 01:12】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
回答ありがとうございます
9月まで、どこかに留学とか修業とかされてるのでしょうか?
私もいつか西村先生の塾で教えてもらたいです。西村先生個人のホームページやブログをぜひ作って、たくさんの人々に先生の貴重なご存在を知らせて下さいませ。そうすれば、我々も先生のことをいつも応援できますので。お体を大切になさってくださいね。
【2010/02/26 00:47】 URL | Mk #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/292-27981baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。