スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
易は人生の羅針盤
毎朝、中国自動車道を北上して、この研究所までやってきますが、道路に霧がかかっています。これをみるたびにいつもある易の卦を思い出します。易に詳しい方はご存知だと思いますが、山水蒙です。この卦は山に霧がかかっていて見通しが悪い状態を指しています。
山水蒙は、蒙昧の意味で見通しが悪いことからよくわからない→人で言うならばまだ若輩者を意味します。
東洋医学をがむしゃらに、学生時代から入れると20年近くも勉強してきていますが、到達したかなと思えば、まだ奥がある・・・その繰り返しです。特に東洋医学は曖昧な部分が多いので、少しでも整合性をつけようと研究しているものの、いつのまにか自分がどこにいるのかわからなくなっていることもたまにあります。そういうときは、易でいう山水蒙だと気をつけるようにしています。
この山水蒙の状態になった際に大事にしなければならないことは、下手に動くとますます迷ってしまうので、先に進まないことです。もと来た道を帰る。いうなれば、原点に帰る。基本に帰る。これはどんな時にでも応用できます。
朝の霧をみて、このことを思い返す毎日です。
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2008/03/12 09:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鍼灸学校の生徒さん達、来院 | ホーム | ダイエット順調との報告あり!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/41-cdee9d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。