スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鍼灸学校の生徒に伝えたかったこと
鍼灸はすばらしい医療技術です。西洋医学でなかなか治療が難しい患者さんでも鍼灸をおこなうことで改善したりします。たとえば、今やっている患者さんで、神経難病の方で手がなかなか動かなかった方が鍼をしてだいぶ動くようになってきたとか効果もそれなりに出すことも可能です(ただし、末期症状になるとむずかしかったり、個人差もあったりしますので絶対ということはありません)。
鍼灸師は鍼灸一筋で稼いでいこうという職業ですから、鍼灸でなんでも治すという気概をもっていく必要があります。しかし、実際は鍼灸だけで治すことができないものもたくさんあります。
鍼灸にこだわりをもつことは大切ですが(私もこだわりがありますので)、ぜったいに鍼灸で治す!とかたくなになりすぎたために、別の治療をすればもっと早く治せるのに手遅れになってしまったなど、その方にとって最善の治療の機会を奪ったりすることがあってはダメだということをお話しました。
西洋医学の影の部分ばかりに目を向けて批判する方もおられますが、ネガティブ思考ではいけません。光が強いために影が大きくなっているわけで、その光に目を背けないことも大切です。
鍼灸や漢方、整体など今に残っているのはそれなりに効果があり、需要があり、存在意義があるから残っているのであって、何がその人にとってベストなのかを考えていかなければなりません。
西洋医学と東洋医学などの他医学が連携しあってみんなの幸せのために役立てていくことが私の願いです。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2008/03/14 09:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年、海難事故が多い理由 | ホーム | 鍼灸学校の生徒さん達、来院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/43-36dc4a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。