スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鍼灸の極意とは?
鍼灸の極意を日々探求しています。いつも肝に銘じていることとして、「極意は一つとは限らないということ」。易をやっていると、それがよくわかります。一つの事柄を見るのに、私たちは大体一方向からしか見ません。それを別の角度から見るということをあまりしないので、その事象にある本質をなかなか捉えることができないわけです。
極意も同じことが言えると思っています。極意は一つだけと限定してしまえば、無限の事象の中でそれを見つけることは至難の業になります。たとえ極意は一つとしても、それの見方を変えると、その極意はそれぞれの見方だけあるということになるのです。
哲学的になりますが、例えば、鍼灸の極意は技術であると固定してしまうと、確かにそれは極意の一つかもしれませんが、真の極意とは言えなくなってしまうのではないでしょうか。
白隠禅師が言われた「悟りにも小悟・大悟がある」ように、極意にも小さな極意・大きな極意があるようです。いまだ真の極意とは何かを掴みきれていませんが、永遠のテーマとして追い続けていきたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2008/04/15 13:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カイゼ~ン、していきましょ~う。 | ホーム | 漢方薬と鍼灸の併用について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/62-5414accc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。