スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
刺青の感染症について
昨日、針刺しによる感染症の話をしました。今日、通勤時に若いお兄さんが腕から刺青を出して自転車に乗っていたのを見て、このブログを書いています。
刺青は感染のリスクがあります。昔は刺青の針を使いまわしていたため、その筋の人には肝炎が多いと聞きます(それ以外の要因もあるでしょうが・・・)
最近は、タトゥーと称して、針を使い捨てにして安全であるということを強調しているところもあるようですが、針は使い捨てでも顔料は使い捨てではないと思われます。顔料を使いまわしにすると、顔料に入った肝炎やエイズのウイルスが新たな人に刺青を入れるときに付いて感染の原因になる可能性があります。
刺青を興味本位で入れて、病気にならないとも限りません。私個人の考えとしては、刺青を入れるのはやめておいたほうがいいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/05/23 09:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<頑固な鼻炎は、家に問題がある? | ホーム | 糖尿病の採血針による感染について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/85-7d0c92e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。