スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
殺人シーンのテレビドラマの影響について
昨日、広島で、アメリカの映画をテレビでやっていました(21時からです)。激しい銃の打ち合いがあり、至近距離から銃で殺されるシーンなどが生々しかったのが印象的です。
分別のある大人はよいですが、これが中高生や影響をうけやすい人の場合はどうなのかなと思いました。
詳しくは知りませんけど、多くの国で殺人のシーンなどはテレビで流さないようになっていると聞いたことがあります。これは、不確実なので、詳しい人がいたら教えてもらいたいのですが・・・。
映画は自分でお金を払って見に行くのですから、これについては特別言うことはありません。
ただ、テレビドラマでも、テレビの中で殺人が日常的に行われていて、人を殺すのが当たり前になっています。テレビはそこにスイッチを入れると、そういう場面が見たくなくても目に入ってくるわけです。
そういう構成でないと成立たないものもあるのは承知していますが、できるだけそういう場面を生々しくないようにするなど配慮が製作側に必要なのではないでしょうか。
もし、そういうシーンがたくさん出てくるのなら、テレビ放映の前に警告を流すべきです。
ちなみに、私は子供たちに名探偵コナンなどは見せないようにしています。広島では月曜の19時30分から流しています。たとえアニメとはいえ、次から次へと殺人が起こるような番組をなぜあの時間に放送するのでしょうか。日本の治安をよくするには、テレビドラマの中で起こる殺人や凶悪犯罪をなくすことがまず一番にやることであると私は考えています。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2008/06/02 13:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<印刷技術の発展で、医学がこんなに進歩するとは! | ホーム | 中医臨床6月号(東洋学術出版)に症例報告が載ります>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/91-a0217d3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。