スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
重度の便秘に、催眠療法がいいかもしれません。
当院の職員さんで、非常に便秘のひどい人がいて、以前から相談をうけていました。
ラキソベロンという水液を30滴(普通の下剤を4錠~5錠)ぐらいを毎日使い、さらには錠剤になっている下剤も2~3錠飲んでいるというつわものです。それでも全然便が出ないということです。これは、普通の人ならとんでもない下痢をしてしまう量です。
ただ、便秘がひどい人は下剤を飲んでもなかなか出ないという方も結構いらっしゃいます。
そこで、漢方薬の煎じ薬を出したところ(結構量は多いです)便がすこし出るようになりましたが、なかなか出ない。お灸のやり方も教えて家でやってもらっていましたが、なかなか改善しない。
なので、催眠療法を導入しました。本人も興味を示してくれたので。
催眠状態で便が出るようにイメージを定着させ、それを毎日イメージトレーニングするように指導しました。
先日、職員さんが来て、催眠療法をやってから便がだいぶ出るようになってきたと喜んで帰っていかれましたよ。おかげで、ラキソベロンと錠剤の下剤は中止することができたようです。
漢方とお灸は続けてもらっています。
ただ、こういう症例っていうのは、漢方あり、灸あり、催眠ありとなると、なかなか発表するところがなくて・・・。
結果を出していても、いろいろなものを組み合わせているので、漢方雑誌にも出しにくいし、鍼灸専門誌も・・・、催眠を扱うところなんてないし・・・という具合で世間に出ずに埋もれていくのです。それでもいいでしょう。わが道を行く。
「一隅を照らす」。この精神でぼちぼち生きていこうと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2008/06/11 13:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<飼い主が動物に似るのか、動物が飼い主に似るのか? | ホーム | 人事を尽くして天命をまつ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yachiyoclinic.blog51.fc2.com/tb.php/97-458eddc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。